2011年7月2日土曜日

「原発からの撤退」署名宣伝

 本日、山科区の6ヶ所で「原発からの撤退を求める」署名、宣伝の行動にとりくみました。北山ただお市議、宮田えりこ市議、本庄たかお元府議、地坂拓晃東地区委員長らが各地で署名への協力と、日本共産党の「原発からの撤退」提言の内容、京都市会でのとりくみなどを訴えました。
 子ども連れのお母さん、若い人たちが署名されるなどの反響の一方で、「原発をなくして電気は大丈夫か?」などの疑問の声も聞かれました。各地で原発・エネルギー政策について考える学習会、集いを開き、住民の皆さんとごいっしょに考えていきたいと思います。