2012年4月25日水曜日

大学門前で被災地ボランティア募集の宣伝を行いました。

被災地ボランティア募集のビラ
華頂大学門前にて。はら俊史・2区国政委員長(左)も訴え。
京都女子大門前にて。原発いる・いらないシール投票の様子

東山区、山科区の各大学門前で、被災地へのボランティアを呼びかける宣伝にとりくみました。民青同盟京都府委員会と日本共産党京都府委員会が呼びかけ、5月3日~6日のゴールデンウィーク期間にとりくむものです。

「被災地へのボランティアを募集しています」と声をかけると学生さんからは大きな反応があり、たくさんの方にビラを受け取っていただきました。昼休みの宣伝では、「原発いる?いらない?」シール投票も行いました。

「いますぐ原発をなくしたら電力が足りなくなるのでは?」という方もおられます。「関西電力管内ではもう原発は一基も動いていない。5月5日には日本すべての原発が止まるんです」と言うと、「そうなんですか?」という方もおられました。「原子力発電は安上がりだと大学の先生が言っていた」という学生さんもおられました。しかし福島の原発事故はいまだに終息せず、どれだけの賠償額が必要なのか検討もつかない状況です。原発推進のための補助金などで多額の税金が使われてきたことを見ても、とても「効率的」などといえる発電技術ではないのではないでしょうか。今後も、多くの学生の皆さんといっしょに、原発や代替エネルギーのあり方などについて議論し、学ぶ場を持っていきたいと思います。

被災地支援のボランティアは、4月27日(金)に説明会が行われ(午後7時~キャンパスプラザ京都・第2会議室)、その時点で受け付けが締め切られます。関心のある方は、民青同盟京都府委員会 TEL 075-722-8770 日本共産党京都府委員会・青年学生部 TEL 075-231-6322 まで、お問い合わせください。