2013年11月13日水曜日

第35回山科区民もみじまつりを開催―雨のなか2000人を大きく超える参加をいただきました!


躍進した国会での党議員団の活動を報告する、こくた恵二衆院議員(右から二人目)、倉林明子参議院議員(右から三人目)。宮田えりこ市議(左端)、北山ただお市議(右端)もごあいさつ

毎年ご参加いただいているブラスバンド・ムジークフェラインの演奏の様子

35回のもみじまつりの歴史をふり返る展示も行なわれました

倉林明子参議院議員を囲む集い。さらなる躍進のためにご参加いただいた皆さんに入党を呼びかけました
11月10日、第35回山科区民もみじまつりが開催されました。日本共産党後援会の皆さんが中心になって実行委員会をつくり、毎年開かれてきたおまつりです。一日断続的に雨が降り続くあいにくのお天気でしたが、2000人を大きく超える参加で成功しました。

中央ステージでは、太鼓、ブラスバンドなどの演奏、地元アニソンシンガー・柳瀬蓉さんのライブ、マジック、バナナのたたき売りなど多彩な企画。会場にはたくさんのもぎ店や物産展が並び、子どもの広場では人形劇やトランポリン、おもちゃづくりなどのコーナーが、たくさんの子ども連れの皆さんでにぎわいました。

こくた恵二衆院議員・国会対策委員長が記念講演。躍進した国会での党議員団の活動、「対決」、「対案」、「共同」で、悪政ストップ、新しい日本を開く役割を果たしたいと訴えました。こくた議員はまつり会場をまわって参加者やスタッフの皆さんと交流しました。

倉林明子参議院議員もステージであいさつし、まつりに参加された皆さんとの集いにも参加。自ら共産党に入党した経過を語り、入党を訴えました。

もみじまつりにご参加、ご協力いただいた多くの皆さんにお礼申し上げます。まつりの成功を力に、さらにつよく大きな党づくりの努力をすすめていきたいと思います。