2012年7月1日日曜日

国民の声を無視した原発再稼働はやめよ!井上さとし参院議員を迎えて街頭演説

ラクト山科前で訴える、はら俊史・京都2区国政委員長、
右は井上さとし参院議員・参院国対委員長

本日、井上さとし参院議員・参院国会対策委員長を迎えて、山科区、東山区の3カ所で街頭演説を行いました。

はら俊史・京都2区国政委員長は、先々週の大阪・関電本店前、先週の関電京都支店前での大飯原発再稼働に抗議する行動に参加したこと、放射能汚染から逃れて避難してきた方の声などを紹介し、「いのちと安全、健康を守りたい」という当たり前の声、国民多数の声を国会に届ける議席を、日本共産党・はら俊史に勝ちとらせてくださいと、力強く訴えました。

井上さとし参院議員は、衆院で消費税増税、社会保障の大改悪を押しつける「一体改革」法案の採決が強行されたことに抗議しつつ、参院での審議日程はまだ決まっていないこと、国民多数の世論の力が与党に亀裂を走らせていることを強調。幅広い国民の皆さんとともに、参院で廃案に追い込むためにがんばる決意を述べました。

また井上議員は、日本共産党の消費税に頼らない経済・財政立て直しのプランを紹介。日本共産党が国民の皆さんと力をあわせ、さらに国政を動かしていくために、総選挙での躍進を勝ちとらせてほしいと訴えました。

雨が降ったりやんだりのあいにくの天候でしたが、多くの皆さんにビラを受けとっていただき、声援を送っていただきました。今日にも大飯原発の再稼働が行われようとしています。国民の声を聞かない悪政の暴走ストップへ、多くの皆さんと力をあわせながら、「原発ゼロへのロードマップ」、「消費税に頼らない道」など悪政にたいする対案をしめして引き続き奮闘していきたいと思います。