2012年2月18日土曜日

消費税10%増税ストップ!全国いっせい宣伝・署名行動

消費税増税ストップ、日本共産党の提案を訴えるはら俊史
京都2区国政委員長

積もった雪の残る寒い中でしたが、立ち止まって署名に協力いただきました。

2月17日・18日、日本共産党は全国でいっせいに消費税10%増税ストップの宣伝・署名行動を行いました。

京都東地区委員会は、17日には商店街のお店を訪問し、日本共産党の「社会保障充実・財政危機打開の提言」をお渡しして対話を広げました。対話したお店ではどこでも署名に応じていただきました。「うちの店では消費税分は一応とり置いて納めているが、それができないところもある。まとまった仕入れが必要な月は大変。10%なんていうことになったらやっていけない」などの声をお聞きすることができました。

18日は、東山区、山科区でいっせいの宣伝・署名行動にとりくみました。はら俊史京都2区国政委員長も参加して訴え。山科西友前では37筆の署名の協力をいただきました。「今の政治はけしからん。選挙のときだけええこと言うて消費税増税なんて強盗みたいなもんや!」など、政治への怒りの声がだされました。

「国会議員をもっと減らさなあかん」などの声も多くだされました。大企業・大資産家むけの減税をやめ、原発関連予算や大規模公共事業、政党助成金などのムダを削ることで財源がつくれることを説明しました。私たちの対案、「提言」の内容をさらにわかりやすくお伝えしていく努力が必要だと思います。