2011年11月3日木曜日

京都市長の原発についての姿勢―市議会での答弁(動画)

10月20日、京都市議会の市長総括質疑で、日本共産党・井坂博文議員が、原発問題について門川市長の姿勢を質問しました。


そのやりとりの様子を、京都市議会のサイトから観ることができます。

↓↓↓
井坂議員の質問動画

市長は、「新たな原発はつくれなくなっている。原発依存を減らしていく」と答弁。井坂議員は「原発にもっとも近い100万都市の京都市長として『原発ゼロ社会、脱原発をめざす』と言えるのか(言うべきだ)」と追及。市長は井坂議員の質問を遮って、「ビラに書くためか」などと不規則発言。


原発の再稼働についても、「国において判断されるべきもの」として、京都市長として独自の判断をしない立場を表明。


京都市議会でのやりとりが動画で配信されはじめたことは大きな前進ですが、もう少し、画像と音声の質を上げていただければありがたいと思います。質問によっては音が割れて聞き取れないところもあります。